歯科医が嫌いな人、ずぼらな人必見!虫歯を病院行かずに治す方法とは?

歯科医が嫌いな人、ずぼらな人必見!虫歯を病院行かずに治す方法とは?

歯科医が嫌いな人、ずぼらな人必見!虫歯を病院行かずに治す方法とは?

初期の虫歯でないと自分で直せない

まず自分で虫歯を治そうと考えた時に、どんな虫歯なら自分自身で治せるのかを知る事が重要です。また自分で治せる虫歯はごく初期の虫歯だけなので、虫歯を自分で治す事について過度の期待をしないようにしましょう。

 

そして自分で虫歯を治せそうにない場合に、早めに観念して歯科医に治療に行く事をオススメします。具体的には自分で治せる虫歯というのは下記のC1の虫歯だけだと考えましょう。C2〜C4の虫歯の場合は歯科医に任せるしかありません。

 

・C1 エナメル質に出来た虫歯
・C2 象牙質まで届いた虫歯
・C3 神経まで届いた虫歯
・C4 神経まで虫歯が届き歯の上頭部がなくなった虫歯

 

虫歯を病院行かずに治す方法

◎唾液で治す

元々私達の唾液には、先ほどご紹介した「C1 エナメル質に出来た虫歯」を治せる働きを持っています。これを再石灰化と呼びます。具体的には虫歯によって解け出したエナメル質を唾液が修復してくれるという働きがあるのです。

 

またこの、再石灰化の働きを助ける為にも、次にご紹介する「歯磨き」「食習慣」などの方法と併用する事が重要です。

 

◎歯磨き(ブラッシング)で治す

先ほどご紹介した唾液による虫歯予防の効果「再石灰化」の働きを十二分に発揮させる為には、適切な歯磨きをする事が重要です。

 

具体的には10分〜15分程度の時間をかけて丁寧にブラッシングをするようにして下さい。また歯磨きをする時間も重要で、食事後はできるだけ早く歯磨きをするようにして下さい。

 

◎歯磨き粉で治す

最近では歯磨き粉も多様化しており、虫歯予防に効果的な歯磨き粉も多数存在します。例えば歯の再石灰化を助ける歯磨き粉も初期の虫歯を治すには効果的でしょう。

 

また、私がお勧めするのは、虫歯の元凶である虫歯菌を減らす効果が期待できる「ブリアン」という歯磨き粉を使用する事です。このブリアンという歯磨き粉は、虫歯にならない子供の口から発見された「BLISM18」という乳酸菌を使用した歯磨き粉です。

 

この歯磨きをそ使用すると、虫歯予防成分の「BLISM18」乳酸菌が口の中で優位に働き虫歯菌をだんだんと減らしてくれるのです。

 

◎ガムで治す

キシリトールには虫歯予防の効果があると言われている成分です。このキシリトールガムを噛む事で唾液を沢山出す事ができます。先ほどご紹介したように唾液には虫歯予防の効果がありますので、虫歯予防成分のキシリトールと唾液のダブルの効果で初期の虫歯を治す効果が期待できます。

 

◎食習慣で治す

食習慣は人それぞれですが、虫歯になりやすい食習慣とそうでない食習慣がある事をご存知でしょうか。具体的には「だらだらと長く食事をする」事や「食事意外の時間にお菓子をだらだら食べる」食習慣は虫歯になりやすい食習慣だと言われています。

 

なぜならば、口の中に食事や食事のカス(歯垢)が残っていると、それが虫歯菌を繁殖させる原因になるからです。また食事に含まれる糖質や糖類が虫歯菌の大好物でこれが虫歯の原因となってしまいます。

 

つまり、だらだか食事そのものが虫歯になりやすい食生活と言えるのです。もしこのような食生活を送っている方は食生活の改善によって虫歯の自己治療が可能になります。


ホーム サイトマップ