痛いけど歯科医に行けない!そんな時に虫歯を悪化させない対処法とは?

痛いけど歯科医に行けない!そんな時に虫歯を悪化させない対処法とは?

痛いけど歯科医に行けない!そんな時に虫歯を悪化させない対処法とは?

寝る前に歯磨きをする

人の唾液には虫歯を予防する働きがあります。ですが睡眠時にはこの大切な働きをする唾液量が低下する事が分かっています。

 

つまり睡眠時の唾液量の低下による虫歯予防効果の低下を補う為に就寝前に歯磨きをする事が重要になってきます。

 

また、睡眠前に歯磨きをするのが面倒な方には緑茶でのうがいをおすすすめします。緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果があるので、寝る前に丁寧にうがいをする事で歯磨きと同様の効果を期待する事ができます。

 

毎食後に歯磨きをする

虫歯の原因の主要因は食べ物の残りカス、つまり歯垢です。この歯垢をできる限り口の中に残さない事が大きな虫歯予防につながるので、虫歯を悪化させない為には毎食後に歯磨きをする事が重要です。

 

また、この歯垢がある事によって虫歯菌が増殖して歯を溶かしてしまう原因になってしまうので、食後できるだけ早く歯磨きをして、歯垢を口の中から排除しましょう。

 

丁寧に歯磨きをする

人の歯は複雑な形をしています。また歯と歯の間には隙間が沢山存在するので、歯垢を口の中から完全に排除する事はできません。その為歯磨きはできるだけ丁寧にする事が重要になってきます。

 

歯磨きをする時間の長さの理想は10〜15分だと言われています。そうは言っても10〜15分の間歯磨きをし続けるというのは意外と大変なものです。そのような時はテレビを見ながらとか、ユーチューブをみながらとか歯磨きを長時間していても飽きないような方法を選んで実践する事が重要です。

 

間食を控える

虫歯菌の大好物は砂糖などの糖類です。つまり甘いお菓子などは虫歯菌の大好物なのです。また虫歯菌は砂糖などを分解する際に酸を出して歯を溶かしてしまいます。

 

つまり、昔からよく言われている、お菓子を食べると虫歯になりやすいというのは本当の事なのです。その為虫歯を悪化させない為には、お菓子などの間食を控える事が重要になってきます。またもし間食をした場合には食後と同じくすぐに歯磨きをする事が重要です。

 

何も口にいれない時間を作る

人間の唾液には再石灰化という初期の虫歯を治してしまう凄い働きがあります。ですが、口の中に食べ物の残りカスである歯垢が残っていると、虫歯になる速度より再石灰化の速度の方が劣ってしまいます。

 

その為食事や間食意外の時間は口の中に食べ物を入れない習慣を作る事が重要です。一番行けないのは1日中食事やお菓子を少しづつ長時間とる事です。虫歯を悪化させない為には食事や間食の時間をしっかりと決めて、その時間意外が食べ物を食べないようにして下さい。

 

キシリトールガムを噛む

キシリトールの成分は虫歯を予防に効果があると言われています。例えば食事時間じゃないのにお腹がすいた時や、お菓子が食べたくなった時などに、キシリトールガムを食べると、無駄に食べ物を口の中に入れる事を予防できるのと同時に虫歯の予防もできるのでオススメです。


ホーム サイトマップ