喫煙者の口内ケア!歯磨き粉でヤニは綺麗になる?ヤニ掃除の方法とは?

喫煙者の口内ケア!歯磨き粉でヤニは綺麗になる?ヤニ掃除の方法とは?

喫煙者の口内ケア!歯磨き粉でヤニは綺麗になる?ヤニ掃除の方法とは?

ヤニの成分とは

タバコに含まれているヤニの主成分はタールです。タールというのは油成分であるのでなかなか落とす事が難しいのが事実です。

 

例えば部屋でタバコを吸っている人は、壁紙が黄色もしくは茶色に変色してしまっている場合があります。またこのような場合には専用の洗剤で落とす必要があります。またそれが難しい場合には壁紙を張り替える必要があるでしょう。

 

歯磨き粉でヤニを落とす

先ほどもご紹介しましたが、タバコのヤニの主成分タールは、ほとんどが油成分です。つまり油汚れに効果のある歯磨き粉を使用すればヤニを落とす事が可能です。

 

ですが一般の歯磨き粉には油汚れを落とす為に「合成界面活性剤」が入っていますので、市販の歯磨き粉でも歯のヤニを落とす事は可能です。あとはヤニ汚れが酷い歯を丁寧に磨く事が重要です。

 

今まで歯磨きを3分行っていた方は15分を目安に歯磨きをしてみて下さい。元々15分歯磨きをしていた方は気になる部分を重点的に歯磨きすると良いでしょう。

 

重曹や塩でヤニを落とす

市販の歯磨きには研磨剤が含まれていますが、あまりに多い研磨剤は歯を傷つけてしまう恐れがあります。その為市販の歯磨きには歯を傷つけないように、研磨剤の使用は控えられている場合があります。

 

このような時に市販の歯磨き粉と併用すると良いのが重曹や塩などになります。重曹や塩は歯への研磨効果が高いので、歯のヤニを取る場合にも大きな効果を発揮します。

 

ですが研磨効果が高い分毎日使用すると、歯の表面を大きく傷つけてしまう恐れがあるので、その点は気をつけるようにして下さい。具体的には2、3日に1回ぐらいの使用に留めておきましょう。

 

歯消しゴムヤニを落とす

最近は便利になったもので、歯磨き用の消しゴムが市販されています。この歯消しゴムはシリコンでできている場合が多くこのシリコン素材で歯の表面をこする事で歯を白くする効果があると言われています。

 

ですが人によっては歯が白くならない場合もあるらしいのです。また白くならないだけなら良いのですが、シミのようになる場合もあるようなので使用には気をつける必要があるでしょう。

 

歯消しゴムを使用する場合いは、まずは目立たない歯で試してみてから本格的に使用するようにして下さい。

 

歯マニュキアで表面を白くする

最近では歯マニュキアなる商品も登場しています。この商品は銀歯や黒ずんだ歯の表面に塗るだけで歯が白くなってしまうというものです。

 

ですがこの商品の場合でも、そのホワイトニング効果には個人差があるようなので、使用には十分な注意が必要でしょう。


ホーム サイトマップ