歯磨き粉を使わない人が指摘する『歯磨き粉の短所』と『使わない理由』

歯磨き粉を使わない人が指摘する『歯磨き粉の短所』と『使わない理由』

歯磨き粉を使わない人が指摘する『歯磨き粉の短所』と『使わない理由』

歯磨き粉は非常に便利なものなので、私達が歯磨きをする際には何も疑問を持たずに使用しているというのが本当の所でしょう。ですが人によっては歯磨き粉の効果について疑問を持ち、歯磨き粉を使用しない主義の人もおられるようです。

 

では、歯磨き粉を使わない人が、どのよな点を危惧して歯磨き粉を使用しないのかを具体的にご紹介していこうと思います。

 

殺菌効果が怪しい

歯磨き粉の効果につては、歯科医の中でも賛否が別れている事をご存知でしょうか。歯磨き粉の効能は口の中の虫歯菌を殺菌する事で虫歯を予防するという事になっています。

 

しかしながら、人間の唾液には元々口の中の細菌の繁殖を抑える働きを持っています。ところが歯磨きをする事で唾液の細菌抑制効果を下げてしまうのではないかという意見も少なからず存在するのです。

 

健康面で心配

歯磨き粉を否定する人の多くが持っている意見として「歯磨き粉の安全性」が挙げられます。皆さんもご存知のように歯磨き粉には非常に沢山の化学物質が含まれています。

 

例えば、歯磨きの後に口の中に潤いを持たせる為に使用されている保湿剤や、歯磨きの洗浄効果を高める為に使用されている合成界面活性剤などがその一例です。

 

唾液の再石灰化を妨げるから

先ほどもご紹介したように、唾液には口の中の細菌の繁殖を抑える働きがあります。また同時に唾液には再石灰化と呼ばれる溶けた歯を修復する力が備わっています。

 

もちろん唾液の再石灰化の力のも限界があります。例えば歯が虫歯によって大きく、深く溶けてしまった場合にはそれは唾液の再石灰化によっても修復する事はできません。唾液が修復できるのは歯の表面が溶けていいる箇所を修復するような軽微な虫歯修復力と言っても良いでしょう。

 

あくまで、虫歯の初期段階での歯の修復能力なので、あまりにも唾液の効果を期待して歯磨きをしないという事は行わないようにして下さい。

 

子供に使用するには怖いから

大人の場合には、すでに体が出来上がっているのである程度体に悪いものを吸収したとしても、そのまま体外へ排出されてしまう場合がほとんどです。

 

ですが子供の場合にはそうもいきません。こどもは体が成長する過程なので、例えば体に悪い食べ物を食べた場合には体の発育自体に悪影響がある可能性が高いのです。

 

それだけに、歯磨き粉に関しても体に良いと思っていない親御さんの場合には歯磨き粉を使用しない方針の方も少なくはないようです。

 

磨いた気になり、かえって歯磨きに悪影響があるから

歯磨き粉の悪い効果は、歯磨き粉に含まれる化学成分だけではありません。例えば歯磨き粉には歯磨き後に爽快感を感じさせる為に香料などが含まれている場合がほとんどです。

 

一見このような香料による爽快感は良いように感じられませうが、実際には歯磨きが不十分な場合でも爽快感がある関係で十分に歯磨きをしたと誤認してしまう場合が多いのです。

 

つまり本来は歯磨きを助ける働きを持つはずの歯磨き粉が、かえって十分な歯磨きを阻害してしまう場合もあるという事になるのです。


ホーム サイトマップ