歯磨きの効果的なタイミングとは?虫歯予防の極意はコレ

歯磨きの効果的なタイミングとは?虫歯予防の極意はコレ

歯磨きの効果的なタイミングとは?虫歯予防の極意はコレ

食後に歯磨きをする

虫歯の原因は食べ物の残りカスの歯垢です。具体的にはお菓子や食べものの中に含まれている糖分や糖質です。その為口の中に歯垢がない状態にしておく事が虫歯予防には効果的です。

 

食後すぐに歯磨きをするよりも10分〜15分待った方が、歯の再石灰化の作用が進むので良いという意見もありますが、食後すぐに歯磨きをしないとそのまま歯磨きをし忘れてしまうという方も多いようです。

 

そのような場合がある事を考慮すると、食後すぐに歯磨きをしてしまう習慣をつける事が一番虫歯予防に効果があると言えるのはないでしょうか。

 

寝る前に歯磨きをする

人の口の中はよくできたもので、人の唾液の中には細菌の韓食を防ぐ働きがあります。つまり唾液がきちんと出ていればある程度の虫歯予防効果があるのです。

 

ですが人は眠っている間は唾液の量が通常よりも少なくなってしまいます。これは寝ている間は食事等をする事がないので、必然的に唾液腺の働きが抑制されて唾液の量が減ってしまうのです。

 

つまり就寝中は唾液の量が少ない事から、口の中の細菌が増える傾向にあります。つまり口の中の虫歯菌も増えてしまう傾向にあると言う事です。

 

そう考えると就寝中に口の中に食べ物の残りカス(歯垢)が残っている事は、虫歯菌のエサになるものが多くなる事になります。つまり虫歯になりやすい口内環境になってしまうという事です。

 

このような状態になる事を防ぐ為にも寝る前に歯磨きをする事は虫歯予防という点で見ると良い事だと言えるでしょう。

 

朝起きてすぐ

先ほどご紹介したように、寝ている間は口の中の細菌が増えた状態であると言えます。このような状態を放置しておくよりも、朝起きた時に歯磨きをする事で、より早く口の中を正常な状態に戻す事が可能になります。

 

また歯磨きをする事によるリフレッシュ効果も期待できるので、朝歯磨きは精神的にも健康的にも良い習慣と言えるでしょう。

 

タイミングも重要だが、ブラッシング時間も重要

上記のように歯磨きをする良いタイミングについてご紹介してきましたが、歯磨きが不十分であった場合には虫歯を完全に予防する事が難しくなります。

 

歯磨きをするタイミングも非常に重要ですが、歯磨きをする時間を十分にとって丁寧に歯磨きをする事も重要です。虫歯を予防する為に10分〜15分の時間をとって丁寧にブラッシングするようにして下さい。

 

だらだら食事を避けよう

最後に、先ほどもご紹介しましたが、人間の唾液には再石灰化という働きを持っています。簡単に言うと食後に歯の表面の傷を治す働きの事です。

 

ですが、この再石灰化の働きは食事中には起こりません。つまり1日中口の中に食物がある状態だとこの再石灰化の働きが発揮される時間がなくなるという事になります。

 

つまり食事や間食などで、1日中だらだらと食べるような食習慣は虫歯になりやすい習慣だと言えるのです。またこのような食習慣ですと歯磨きをするタイミングも難しいでしょう。

 

要するに規則正しい食習慣と食後のブラッシングを心がける事が、虫歯を予防する為には一番の近道だと言えるのかもしれません。


ホーム サイトマップ