「歯磨き粉は無駄に発展しすぎた」という意見も。歯磨き粉の起源について

「歯磨き粉は無駄に発展しすぎた」という意見も。歯磨き粉の起源について

「歯磨き粉は無駄に発展しすぎた」という意見も。歯磨き粉の起源について

歯磨き粉 起源は古代エジプト

歯磨き粉の起源は古代エジプトだと言われています。紀元前1500年のエジプトではナイル川沿岸の土を主に歯磨き粉として使用していたそうです。

 

確かに土は粒子が細かく、硬いので研磨剤に近い効果があったと予想されます。そう考えると紀元前1500年前から理にかなった歯磨き粉を使用していたと言えるのではないでしょうか。

 

また、古代ローマでは人の尿を歯磨き粉として使用していたそうです。しかも人種によって尿の歯磨き効果が違うと考えられていました。

 

つまり○○人の尿は歯磨き効果が高いから「○○人の尿」というブランドで金持ちの間では高値で取引きされていたそうです。

 

人の尿で歯磨きとか、今の時代だと質の悪い罰ゲームでも存在しませんが、昔は大真面目に尿で歯磨きをしていたと思うと今の自体に生まれて良かったと思いますね。

 

ですが、尿にはアンモニアが含まれており、このアンモニアには歯を白くする効果があるそうです。そう考えると何かしらの経験則から尿を歯磨き粉として使用していたと言う事でしょうから、昔の人も凄いですね。

 

ちなみに日本では江戸時代に歯磨き粉がすでに発売されていたようです。その歯磨き粉の成分は研磨砂と漢方薬というもので、江戸時代のベストセラー商品だったようです。

 

昔の歯の治療

昔は今に比べると虫歯治療の技術は発展途上だったので、歯の治療は大変だったと予想できます。

 

最終的には抜歯する事が多かったようですが、薬草や鎮痛効果のある植物を使用しての治療も行われていたようです。


ホーム サイトマップ