ペットの口内ケア:犬にとって「歯磨き粉」や「歯磨き」は必要なの?

ペットの口内ケア:犬にとって「歯磨き粉」や「歯磨き」は必要なの?

ペットの口内ケア:犬にとって「歯磨き粉」や「歯磨き」は必要なの?

犬も虫歯になる?

犬は虫歯になりにくいと言われてます。なぜならば犬の唾液はアルカリ性だからです。虫歯菌は口の中で酸性の物質を出す事によって歯を溶かす特性があります。

 

つまり唾液がアルカリ性ならば虫歯菌の酸を中和して中性の物質に変える事が可能になります。つまり犬の場合にはアルカリ性の唾液の効果によって虫歯菌の酸が無効化されているのです。

 

これに対して人間の場合は、唾液が弱アルカリ性だと言われています。つまり虫歯菌の酸を中和する働きが犬よりは弱い傾向にあるという事です。ですが唾液が弱アルカリ性なので、虫歯になりにくい働きを唾液が担っているという点では犬と人間とで変わる所はありません。

 

犬も歯磨きが必要?

虫歯になりにくいんだったら「犬は歯磨きは必要ない」とお思いになる方も多いと思います。ですが虫歯になりにくいからと言って歯磨きをしなくても良いという訳ではないようです。

 

犬の口の中の病気は、人間と同じく虫歯だけではありません。犬も口の中の病気である、歯周病や歯肉炎になる可能性はあるのです。この歯周病や歯肉炎は口の中が清潔でない場合に多くなってしまう病気です。

 

つまり虫歯にならないからと言って歯磨きをしなければ、犬は口の病気にかかるリスクが高まりまし、人と同じく口臭が酷くなる可能性も高まります。

 

犬用歯磨き粉が必要な理由

ですが、犬の場合は自分自身で歯磨きをする事ができません。この場合には人間が犬の歯磨きをしてあげる必要があるのです。また犬は人間と違って、口の中でのクチュクチュうがいをする事ができません。

 

つまり歯磨き粉を吐き出す事ができないのです。そうなると人間と同じような吐き出すタイプの歯磨き粉は使えないという事になります。

 

つまり、そのまま飲んでしまっても問題がない食べられるタイプの歯磨き粉を使用しなければならないという事です。


ホーム サイトマップ