歯を突然失う恐怖とは?歯が溶ける病気ってあるの?

歯を突然失う恐怖とは?歯が溶ける病気ってあるの?

歯を突然失う恐怖とは?歯が溶ける病気ってあるの?

酸蝕症

◎酸性の強い食品を取りすぎ

例えば、炭酸飲料や酸性の強いレモンやグレープフルーツなどの果物を食べ過ぎると「酸蝕症」という歯が溶ける病気になる場合があります。

 

通常は炭酸飲料や酸性の強い食品を食べたぐらいでは歯は溶ける事はありません。なぜならば人間の唾液の中には再石灰化と呼ばれる、溶けた歯の表面を修復する働きがあるからです。

 

ですが、この再石灰化の働きも万能ではありません。例えば再石灰化の速度よりも歯が早く溶けてしまえば、当然の事ですが歯は溶けてしまうのです。

 

つまり歯を溶かすような炭酸飲料や酸性の強い食品を毎食頻繁に摂取していれば歯が溶けてしまって当たり前なのです。しかし「酸蝕症」病気とは言っても、食べ物による歯の侵食ですから、食生活を改善する事でその症状は改善されますので安心して下さい。

 

ですが溶けてしまった歯は元には戻りませんので、歯科医での適切な治療が必要になります。

 

◎胃食道逆流症や反復性嘔吐

ある程度の年配になってくると「胃食道逆流症」などの胃酸が逆流する病気になる場合があります。胃酸は通常は咀嚼した食物を消化する為に働くものですが、当然の事ながら食物を溶かす程の働きがある分強力な溶解性を持っています。

 

その胃酸が口の中へ逆流するとなると、歯への負担も相当なものになります。また胃食道逆流症は1回のみという事ではないので、複数回胃酸に歯がさらされると当然の事ながら歯は程度の差こそあれ溶けてしまう事は間違いありません。

 

また「反復性嘔吐」という病気も定期的に嘔吐をする病気なので、これも「胃食道逆流症」と同じく胃酸が口の中へ入ってくる事となりますので「胃食道逆流症」と同じく歯が溶けてしまう事はしょうがない事かもしれません。

 

歯周病

◎歯周炎

歯周炎とは歯周病の一種ですが、歯周病の中でもかなり進行した症状だと言えます。例えば歯周病の中で歯肉炎という言葉を聞いた事があると思います。

 

歯肉炎とは歯と歯茎の間に歯垢や歯石がたまる事によって歯茎が炎症を起こす病気の事です。原因は歯垢や歯石の中にいる細菌が原因で歯茎が炎症を起こしてしまいます。

 

歯肉炎になると食事の際に歯茎から血が出たり、歯磨きの際にも出血するようになります。実はこの「歯肉炎」の症状がさらに悪化すると「歯周炎」になってしまうのです。

 

「歯周炎」の症状としては歯茎が痩せてきて、歯の根元が露出するようになります。この状態になってしまうと歯の根元が溶けてしまう事が多くなります。

 

なぜならば歯の根本にはエナメル質がないからです。私達の歯を虫歯や細菌から守ってくれているのは実はこのエナメル質という非常に硬い成分です。このエナメル質がないと私達の歯を守ってくれるものはありません。

 

また歯の根元は骨になっているので、歯茎が下がってくると歯の根本と骨が露出する事になります。歯の根元や骨にはエナメル質がありませんから、必然的にその部分から虫歯菌の酸などにより溶かされてしまいます。

 

つまり歯の根元から徐々に溶かされて虫歯になってしまうのです。この結果歯を失ってしまう人が沢山いますので、歯周炎による歯の溶解は気をつける必要があるでしょう。


ホーム サイトマップ