歯が大きいとイジメられる?歯が大きい原因と小さくする為の対処法

歯が大きいとイジメられる?歯が大きい原因と小さくする為の対処法

歯が大きいとイジメられる?歯が大きい原因と小さくする為の対処法

遺伝の影響

歯の大きさは、親からの遺伝である事が大きいのが現実です。歯が大きい人は、その人の両親どちらか、もしくは両方が歯が大きい場合が多いようです。

 

また、もし歯が大きくて気にしている人の両親の歯が大きくない人であるならば、祖父や祖母がそのような特長を持っていたのかもしれません。ちなみに、遺伝の性質は隔世遺伝で伝わると言われており、2世代先ごとに遺伝の性質が強く現れると言われています。

 

周りの歯と比べて大きい為に大きく見える

「歯が大きい」と気にしている人の多くは、上の一番前の歯2本が大きい人だと言われています。このようなケースは実際に前歯が大きい場合もありますが、それよりも気にしている前歯の周りの歯と比較して大きく見えるという場合も多いのです。

 

また上記のような場合には、気にしている前歯が他の歯よりも前に出ている時に大きく見える傾向があるので、歯並びを改善する事で歯の大きさが気にならない場合も多くあります。

 

歯が大きい時の対処法

◎心理療法

客観的に「歯が大きい」と思われる人の中でも、実際にそれを気にしている人もいれば、全然気にしていない人がいるのも事実です。

 

つまり歯の大きさが気になるのは、本人の歯の大きさに対する認識や思いが大きく影響しています。つまり心理的な治療によって歯の大きさを変える事なく、歯の大きさの事を気にならなくする事は可能です。

 

◎歯を削る

歯の大きさを小さくする方法として歯の先を削る方法があります。歯の先を適度に削る事によって歯の大きさをできるだけ小さくするという方法です。

 

ですが歯を削る事ができるのは歯の一番硬い素材の部分であるエナメル質の部分だけなので、削れる長さは非常に限られています。

 

◎歯を削ってクラウンを被せる

先ほどご紹介したように歯を削る事ができる量は限られていますので、もっと大きさを小さくしたい場合には歯を大きく削った後に、歯の被せ物(クラウン)を被せる必要があります。

 

この方法であれば、自分の好きな大きさに歯の大きさを調整する事が可能になります。

 

大きな歯を削る事のデメリット

歯を削る事で歯の大きさを小さくする事はできますが、歯を削る事にはそれ相応のデメリットがありますので、それを承知した上で処置をする事が重要です。

 

具体的な歯を削る事のデメリットは、歯を削る事によって虫歯になりやすくなる事でしょう。歯を削る場合は歯の一番外側にあるエナメル質を削る事になるので、虫歯に対する抵抗力を失う事になります。

 

エナメル質が薄くなる事で、虫歯によってその下の象牙質があらわになりやすくなります。象牙質はエナメル質よりも柔らかい物質でできているので虫歯には非常に弱い状態となります。

 

また虫歯になりやすいという事は歯の寿命も短くなる事になります。歯の寿命は約60年程だと言われています。人の寿命は80歳だと言われていますので、大奥の人の場合死ぬまでに多くの歯を失う事になります。

 

つまり60年の歯の寿命が、さらに短くなると言う事なので、その点は覚悟して歯を削る必要があるでしょう。


ホーム サイトマップ