歯が尖ってるので口の中を怪我をする場合の対処法

歯が尖ってるので口の中を怪我をする場合の対処法

歯が尖ってるので口の中を怪我をする場合の対処法

歯が尖っていると問題があるのか?

◎犬歯の場合

歯が尖っていると言えば犬歯が思いつく人が多いのではないでしょうか。犬歯は元々食べ物を切り裂く歯として存在した歯ですが、人の場合は現在の日常生活でその機能を使う事はほとんどありません。

 

ですが、昔の食べ物を噛み切る歯としての機能があっただけに現在でも私達の犬歯は先が尖った形状になっています。その為に犬歯によって食事をする際に口唇や舌を傷つけてしまう場合もあるようです。

 

◎歯が内側に傾いて生えている場合

例えば奥歯が口の中心へ向かって傾いている場合には、食事や会話の際に歯の角が舌を傷つけてしまう事は珍しくありません。たまにこのような事がある場合は良いのですが、頻繁に舌が傷つく場合には何らかの対処法をする必要があります。

 

歯が尖っていて口唇や舌を傷つける場合の対処法

歯の尖った部分によって口唇や舌が傷つける場合には、それが頻繁に続くようだと最悪の場合はそこの部分が癌化する場合があるので注意が必要です。

 

歯の尖った部分によって怪我をしない方法として、一番簡単なのが歯の尖った部分を削ってしまう事です。ですが歯を削ってしまうと、歯を守るエナメル質の厚さが薄くなるという問題が起こってきます。

 

歯のエナメル質が薄くなると、虫歯になりやすくなったり、知覚過敏になりやすくなったりと言った問題が発生する場合があります。

 

このような問題を解決する為には、犬歯の先が尖っている場合には犬歯の先にプラスチックを付けて高さや形を追加する方法もあります。

 

また奥歯が内側に傾いている場合には、歯の矯正を行って奥歯を正しい角度にする事も可能なので、かかりつけの歯科医で相談してみると良いでしょう。


ホーム サイトマップ