子供よりも大人が知っておくべき、歯の再生治療について

子供よりも大人が知っておくべき、歯の再生治療について

子供よりも大人が知っておくべき、歯の再生治療について

虫歯で被せ物が多い人や、入れ歯を使用している人にとっては待ち遠しい治療法、それは「歯の再生治療」でしょう。私自信も歯の被せ物が多いので、歯の再生治療ができれば是非してみたいと思っています。

 

残念なが現在の技術では歯の完全再生はできないのが現実です。ですが完全再生はできないまでも自分の歯に近い状態になるような治療はできるようなので、広い意味では歯の再生治療と呼べるかもしれません。

 

今回はそんな歯の再生治療についてご紹介していきます。

 

抜けた歯をそのまま元に戻す

例えば事故や怪我などで健康な歯が抜けてしまった場合でも、その歯を元に戻す事は可能なようです。健康な歯が抜けてしまった場合には、とにかく乾燥させない事が重要です。

 

一番良いのは「ティースキーパー ネオ」と呼ばれる歯の保存液に歯を浸して歯科医に早急に行く事です。ですが通常は歯の保存液はないでしょうから、生理食塩水か牛乳につけて歯科医に持っていきましょう。

 

ちなみに抜けた歯の保存期間は「ティースキーパー ネオ」と呼ばれる歯の保存液で24時間なので、歯が抜けてしまったら一刻もはやく歯科医にいきましょう。

 

◎歯が抜けた場合の対処法

健康な歯が何らかの理由で抜けてしまった場合には、抜けたの歯の汚れを水道水で落とします。この時歯根の方を持ってはいけません。なぜならば歯の根本の細胞が死んでしまう可能性があるからです。

 

抜けた歯に一番悪い状態は乾燥する事です。もし早急に生理食塩水も牛乳容易できない場合には水で洗った後に歯を元の場所に戻す方法もあります。それが難しいようであれば口の中に入れて歯を保存する方法も効果的です。

 

親知らずを他の歯にする

親知らずを他の箇所の歯にするのは、親知らずと同じぐらいの歯の大きさの歯の場所にしか移植はできません。また親知らずを他の歯の場所へ移植した場合には歯の神経が切断されてしまうので、歯の神経の処置をしなければなりません。

 

但し20歳以下の若年層の人の場合には歯の神経も成長する可能性が高い為に、歯の神経を残して親知らずを他の歯として移植する事は可能です。ですがこの方法でも歯の神経を残せるかどうかは100%ではありません。

 

インプラント

最近では一般的になりつつある歯の再生治療がインプラントです。インプラントは全て人工物での歯の構築となるので、純粋に歯の再生とは言えないかもしれませんが、自分の歯のように使えますので、歯を失った際には人気のある歯科治療法です。


ホーム サイトマップ