歯磨き粉の味【昔とは一味違う、たこ焼き、カレー、わさび味】

歯磨き粉の味【昔とは一味違う、たこ焼き、カレー、わさび味】

歯磨き粉の味【昔とは一味違う、たこ焼き、カレー、わさび味】

通常の歯磨き粉の味

通常歯磨き粉の味はミント系の味がほとんどだと思います。そんな中一時期流行ったのが塩味の歯磨きです。私自身はあの塩歯磨きの味は不味いと感じましたが、あの味を好きだという人もいるので、まさに歯磨き粉の味の好みも人それぞれという事だと実感しました。

 

子供が好きな味

昔からそうですが、子供の歯磨きはまるでお菓子のような味がします。私が小さい頃は歯磨き粉を学校に持ってきてそれを食べている友人がいました。

 

今考えると体にどれだけ悪いのかと考えてしまいますが、子供にとっては「美味しい=食べ物(お菓子)」だと考えたとしても不思議ではありません。

 

昔は子供用歯磨き粉の味は「イチゴ、みかん、りんご、ぶどう」などのフルーツ味が一般的でその他の味はなかったように記憶しています。

 

ですが最近ではチョコレート味やプリン味まで子供用歯磨き粉界では登場しています。これはもう子供に「食べてくれ」と言っているようなものです。

 

実際に子供が歯磨き粉と認識せずに、歯磨き粉を食べてしまうという事例は多く存在するようです。ですが、歯磨き粉の味が美味しい事によって、子供が好んで歯磨きをするという効果も実際にあります。そう考えると子供用歯磨き粉の美味しい味を否定するのも難しい事だと思います。

 

ちなみに、子供に一番人気のある歯磨き粉の味は「いちご味」だという事です。この「いちご味」の効果を上手く生かした歯磨き粉が「ブリアンという歯磨き粉」です。ブリアン歯磨き粉は、歯磨きの後にうがいをする必要がないので、子供がまさにお菓子感覚で歯磨きをする事から、子供自身からも人気の歯磨き粉となっています。

 

変わり種の味

先ほどご紹介した子供用歯磨き粉ですが、その味はすでに異次元の世界に旅立っているようです。例えば「たこ焼き味、カレー味」などがあるようです。

 

また大人用の歯磨き粉でも「わさび味、ゴリラ味」などがあると聞いた事があります。ちなみに「わさび味」は非常にまずいという事を私の知り合いが言っておりました。

 

「ゴリラ味」については非常に気になったので、自分でも調べてみましたが、正確には「ゴリラの香り」という歯磨き粉が存在するようです。

 

「ゴリラの香り」とはどういう事なのか非常に気になりましたが、実際には「ミントとオレンジフラワー」の香りがするそうで、「ゴリラの香り」とは商品に注目してもらうような販売戦略であるようです。


ホーム サイトマップ