恋人や家族の睡眠を妨害してませんか?歯ぎしりはなぜ起こる?その改善法とは?

恋人や家族の睡眠を妨害してませんか?歯ぎしりはなぜ起こる?その改善法とは?

恋人や家族の睡眠を妨害してませんか?歯ぎしりはなぜ起こる?その改善法とは?

歯ぎしりの原因

ギリギリとうるさい「歯ぎしり」ですが歯ぎしりはなぜ起こるのでしょうか?結論となってしまいますが、はぎしりは眠りが浅い時に多く起こる事が知られています。

 

眠りが浅くなってしまう原因は色々あるので、判断が難しい所ですが、例えば下記のような原因が考えられます。

 

・昼間に昼寝をしている
・睡眠時間が長すぎる
・太っている
・ストレスが多い生活を送っている
・不規則な生活を送っている
・飲酒量が多い、または毎日飲酒している
・睡眠の環境が悪い
・寝具が体に合っていない

 

歯ぎしりの改善方法

◎生活改善

先ほどご紹介したように、歯ぎしりは眠りが浅い時に起こるので、眠りが深くなるような生活改善が必要となってきます。

 

例えば、飲酒をすると眠りが浅くなる傾向にあります。その為もし毎日飲酒をしているという方は、お酒を飲まない日を作るという工夫をするよ良いかもしれません。また飲酒しないという事が難しい人の場合には飲酒量を減らすという日を作るという方法もあります。

 

眠りが浅い人の代名詞と言えば、太った人が挙げられると思います。太った方の特長として寝る時に気道が圧迫されて定期的に目が覚めてしまうといったものが挙げられます。その為深い眠りにつく事ができずに、結果的に浅い眠りになってしまうという事が起こります。

 

つまり太った方で歯ぎしりが多いと悩んでいる方は、できるだけ痩せるような努力をするという方法もあるでしょう。また痩せるのに時間がかかりすぎてしまう場合や、痩せたくないという場合には寝る時に気道を確保するような睡眠補助用具を使用すると良いでしょう。

 

◎ストレスの改善

ストレスは万病の元と言われる事もありますが、ストレスによって睡眠が浅くなってしまう場合には、毎日の生活からストレスを減らすような努力が必要です。

 

ストレスを解消すると言うと難しい事のように聞こえるかもしれません。ですが、ストレスというのは生活環境の問題も大きいですが、自分自身でストレスを作っているという側面も否定できません。

 

例えば全く同じ環境で働いている人でもストレス度が高い人と低い人がいるのは事実です。具体的には上司に注意され場面があるとします。同じように注意されたとしても人によっては「私を育てる為に、時間をさいて注意して下さっている、上司の期待に応えられるように頑張ろう」と感じつ方もいるでしょう。しかし「上司に注意された私は駄目な人間だ」と落ち込んでしまう人もいるのです。

 

本来日常に起きる出来事は良いも悪いもないのですが、人間は個々人で個性や感じ方が違うので、その人なりに良い悪いの意味付けを無意識にしてしまっているのです。

 

ポジティブシンキングという言葉がありますが、ある意味考え方で日毎の出来事は180度変わってしまうので、自分自身が「日毎のフラットな出来事」をどのように捉えているのかを考察、観察してみてストレス改善につなげるような努力をする事も重要だと言えるでしょう。


ホーム サイトマップ