歯の痛みで自殺する人も!軽く考えべきでない歯が痛い時の対処法!

歯の痛みで自殺する人も!軽く考えべきでない歯が痛い時の対処法!

歯の痛みで自殺する人も!軽く考えべきでない歯が痛い時の対処法!

「虫歯ぐらい」と歯の痛みを我慢しすぎるのは考えものです。海外には虫歯の痛みに耐えられず自殺を選ぶ人までいるぐらい虫歯の痛みは怖いものです。

 

このページでは、虫歯等で「歯が痛い」時の対処法についてをご紹介しています。

 

歯医者に行く

時間がある場合には直ぐに歯医者に行きましょう。私も仕事中に歯が痛くなってしまって非常に困った経験があります。確かに仕事が忙しい時には歯医者に行く事は難しいですが、ほうっておいて大事になるのもバカバカしい話です。

 

もし仕事に空き時間ができたり昼休みに会社から抜け出せそうなチャンスがあった場合には、できるだけ歯医者に行く事をオススメします。

 

また仕事中で、あまり時間がとれない場合には、その旨を歯医者さんに電話で伝えておけば、歯の治療に時間がかかり過ぎてしまってイライラするという事をできる限り軽減する事ができるでしょう。

 

痛み止めを飲む

もし仕事や家事仕事などで歯医者にすぐに行けないという場合には痛み止めの薬を飲むと良いでしょう。オススメの薬としては、バファリンやロキソニンなどが良いと思います。

 

薬を塗る

もし家や手元にバファリンやロキソニンなどがない場合には、歯の幹部に薬を塗るという方法もあります。例えば「今治水」や「正露丸」などを虫歯の幹部に詰めると痛みが和らぐ場合があります。

 

この時に気をつけなければならないのが「正露丸」を虫歯の幹部に使用する場合です。ご存知の通り正露丸は非常に独特で強烈な臭いを発します。その為虫歯の幹部に正露丸を詰めた場合には口の中が強烈な正露丸臭に包まれる事になってしまいます。

 

例えば一人で家にいる場合などには正露丸を使用するのも良いでしょうが、外に出る場合や会社で使用する場合には他人に迷惑をかけないような使用を心がける必要があるでしょう。

 

歯磨きをする

口の中に歯垢が残っていると、現在重症化している虫歯がさらに進行してしまう可能性があります。その為歯が痛い、虫歯が痛いという場合には普段よりもしっかりと歯磨きをする事が重要です。

 

また歯垢が残っていると歯垢や歯垢に含まれる水分が歯の神経を刺激して歯が痛くなるという事も考えられます。このような事を防ぐ為にも口の中を清潔に保つ事が重要です。

 

もし歯がかなり痛く歯磨きも苦しいという場合には、歯磨き粉を使用せずに歯磨きをする事も効果的です。また通常は歯磨きの際には水を使用しますが、水も虫歯をシミさせる原因となる場合があるので、唾液だけで歯磨きをする方法も考えられます。

 

唾液は自分自身の体から出た成分なので、水よりは虫歯や口内炎などに刺激を及ぼす可能性が低くなります。


ホーム サイトマップ