子供に絶対食べさせたくない!「歯に悪い食べ物」と「虫歯になりやすい食材」

子供に絶対食べさせたくない!「歯に悪い食べ物」と「虫歯になりやすい食材」

子供に絶対食べさせたくない!「歯に悪い食べ物」と「虫歯になりやすい食材」

柑橘類

グレープフルーツやみかんなどの柑橘類などの食品を好きという方は多いと思います。ですが柑橘類のフルーツは食品の性質的に酸性が強い場合が多いので、食べ過ぎには注意です。

 

例えばグレープフルーツを毎日2個づつ食べ続けた女性は歯が酸によってかなり侵食され酷い痛みが襲ったという事例が存在します。この事例は虫歯ではなく食品の酸によって歯が侵食された例なので、もし虫歯と同時のこの症状が発症した場合にはかなりの酷い状態になってしまう事が予想されます。

 

甘いお菓子

甘いお菓子には当然の事ながら砂糖が沢山含まれています。虫歯菌はこの砂糖(糖分)が非常に大好きなので、甘いお菓子を食べ過ぎると虫歯になる確率が高くなると考える事ができます。

 

スナック菓子

スナック菓子などは一見甘いわけではないので、歯に悪いいう印象を持っている方は少ないと思います。ですがスナック菓子には沢山の糖質が含まれている場合が多いのです。

 

なぜ糖質が多く含まれていると悪いのかと言うと、虫歯の原因となる虫歯菌は糖質を元に繁殖する性質を持っているからです。また虫歯菌は糖質を分解する際に酸をだして歯を溶かしてしまいます。

 

例えばじゃがいもなどのイモ類は糖質が多い食品です。つまりポテトチップやチップスターなどのスナック菓子は糖質が多く歯にとっては悪い食べ物だと入れるでしょう。

 

またスナック菓子は、食べると非常に小さな食べかすが出てしまいます。これが歯と歯の間に入り込んで口内ケアの妨げになる場合が多いのです。

 

柔らかい食べ物

柔らかい食べ物は食事の際に非常に食べかすが出やすい食べ物です。これはスナック菓子にも共通する性質と言えます。現代人は昔に比べて虫歯が多いという意見も多いですが、その原因の1つに現代食が柔らかいものが多くなっている傾向にある事が指摘されています。

 

昔は調理方法が限らていたり、食材も限られていた関係もあり、硬い食べ物が多かったと言われています。また食物繊維が多く含まれる野菜を多く食べていた関係で、歯にとっては良い食環境であったと予想されます。

 

ですが、最近では色々な調理法や豊富な食材、食べやすい食べ物が好まれる傾向などの影響から虫歯が増える傾向にあるのです。

 

なぜならば、普段食べる食事が柔らかい食材が増えていくと、自動的に食べかすが出やすい食習慣へと繋がってしまうからです。ではなぜ食べかすが多い食生活が虫歯が増えてしまうのでしょうか。

 

それは虫歯の原因が食べ物の残りカス(歯垢)である為なのです。虫歯菌は食べ物カスの中に潜伏する性質を持っています。そしてその食べ物の残りカスを分解してさらに増えていく性質を持っています。

 

このような事が原因で現代人の虫歯が増えているというのは、事実であり今後ますますこの傾向は顕著になていくと予想されます。


ホーム サイトマップ