歯と老化現象は関係があるのか?【歯と脳の老化など】

歯と老化現象は関係があるのか?【歯と脳の老化など】

歯と老化現象は関係があるのか?【歯と脳の老化など】

歯がないと老化現象が早く進む

歯がないと老化が早く進むという事は良く言われている事です。私の身近でも歯が無くなった事によって痴呆になったというお話はよく聞きます。

 

ではなぜ歯がなくなると老化が早く進むのでしょうか。それは歯が無くなる事によって脳への刺激が低下する為だと言われています。確かに咀嚼と脳の働きは昔から因果関係があると言われてきました。

 

例えば、咀嚼回数を増やすと脳の働きが活性化して学習能力や成績がアップするという話は皆さんも聞いた事があるのではないでしょうか。

 

またマウスによる実験でも歯のあるなしで、アルツハイマーになる確率が変わってくる事が証明されています。実験の例ですが歯のないマウスと歯のあるマウスで脳の中のアルツハイマーを引き起こすタンパク質の量が実際に変わっていたそうです。これは歯のないマウスの方がアルツハイマーになりやすかったという実験結果なのですが、人間の場合もこのような傾向になる事が予想されます。

 

入れ歯で老化防止のも効果あり

では歯がなくなってしまったら、老化の進行を止める事ができないのでしょうか?実はそうではありません。もし自分の歯がなくなってしまった場合でも、入れ歯を使用する事で脳の老化を抑制できる事が分かっています。

 

実際に歯が無くなった老人で比較検証した結果、入れ歯を使用している場合と、入れ歯を使用しない場合とでは痴呆症になる確率が入れ歯を使用しない方が高いという結果が出ています。

 

老化を防止する為の対処法

歯に関連した老化防止の方法としては、やはり歯がなくならないように日頃から歯磨きをしっかりとする習慣をつけておく事が重要です。歯磨きをしっかりとしておけば、かなりの確率で虫歯を予防する事ができるので、結果的に自分の歯を一生使い続ける事ができる確率も上がります。

 

またもし自分の歯が虫歯によって失われる場合でも、最近ではインプラント治療があるのでインプラントにより限りなく自分の歯に近い状態で生活をする事が可能になります。

 

またインプラントが使用ができない場合でも、先ほどご紹介したように入れ歯を使用する事で脳の老化の進行を抑える事が可能になります。ですが入れ歯を使用する際に気をつけなければならないのは、自分自身の口に合った入れ歯を使用する事です。

 

入れ歯が自分に合っていないと、食事を美味しく頂く事ができませんし、臭いなどの不快感も増える原因となってしまいます。


ホーム サイトマップ