食事で歯の被せ物が取れた!そんな時の「対処法」と「取れやすい食材」

食事で歯の被せ物が取れた!そんな時の「対処法」と「取れやすい食材」

食事で歯の被せ物が取れた!そんな時の「対処法」と「取れやすい食材」

歯の被せ物が取れた時の対処法

◎被せ物を取っておく

歯の被せ物が採れてしまった場合には、その被せ物を大切に保管するようにしておきましょう。その被せ物が変形してしまったという場合でない限り、歯医者でまたその被せ物を付けてもらう事が可能です。

 

保存方法としてはハンカチに包んでビニール袋に入れておくと良いでしょう。例えば、よくある例として被せ物をティッシュに包んで置いておいたら、誰かがゴミだと思って捨ててしまった。という事があります。

 

また被せ物をハンカチに包んで置いておいた場合にも、間違ってそのままハンカチを洗濯してしまうという事もよく起こる事です。そのような間違いが怒らないようにハンカチに包んでビニールブロコやジップロックなどに入れて保管しておきましょう。

 

◎被せ物を再度被せておく

私の経験では被せ物は、被せ物が取れた歯を綺麗に磨いて後に、また元の歯に戻せば多くの場合はピッタリと元に戻す事が可能です。

 

もしその場に歯ブラシ等がない場合には綺麗に口をゆすいで、被せ物を元の歯に戻しておくという対処法でも良いでしょう。

 

ですがこの方法を採用する場合には注意が必要です。なぜならば、一度取れた被せ物は接着剤で接着しているわけではないので非常に取れやすい状態になっているからです。

 

例えばよく起こる問題として、この状態で食事をした場合に、取れた被せ物をを間違って飲み込んでしまうという事が起こりえます。この方法を使用する際には食事の際に飲み込まないように注意が必要です。

 

◎被せ物を飲んでしまった場合

先ほどご紹介したように、間違って歯の被せ物を飲み込んでしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?人によっては「何か体に悪い影響が出ないのか心配だ」という方もおられるかもしれません。ですが結論から言うと歯の被せ物を飲み込んだ場合でも問題はありません。

 

もし歯の被せ物を飲み込んでしまった場合でも、その被せ物は最終的に排泄物と一緒に体の外に排出されてしまいます。そういう事なのでもし、被せ物を飲み込んでしまった場合でも、あまり心配する事はありません。

 

 

歯の被せ物が採れやすい食べ物

◎ガム
◎キャラメル
◎パン
◎硬いご飯
◎スナック菓子

 

歯の被せ物が取れやすい食品で一番多いのはやはり、ガムやキャラメルなどの粘着度の高い食べ物です。ですがこの他にも意外と被せ物がとれやすい食品があるので、このような食品を食べる際には注意する事が必要かもしれません。

 

例えばパンなどは一度に沢山口の中に入れると非常に強い粘着力が発生します。例えるなら大量のガムを口の中に入れたぐらいの粘着力が発生する場合があるので注意が必要です。

 

また意外と盲点なのがスナック菓子です。例えば分かりやすい例で言うとカールなどが良い例でしょう。カールは大量に食べると口の中で固形になる経験をした方も多いと思います。つまりカールを一度に大量に口の中に入れた状態にすると、非常に危険で歯の被せ物にとってはかなりの天敵と言える代物なのです。


ホーム サイトマップ