歯が割れる、虫歯になりやすくなるなど、歯を自分で削るリスクとは?

歯が割れる、虫歯になりやすくなるなど、歯を自分で削るリスクとは?

歯が割れる、虫歯になりやすくなるなど、歯を自分で削るリスクとは?

例えば、歯医者が嫌いだけど、「歯をもっと白くしたいので表面を削りたい」「歯が下に当たるので、その部分を削りたい」という方は以外と多いと思います。

 

ですが、歯を自分で削るとう行為にはそれ相応のリスクがあるので、もし自分自身で歯を削りたい場合には、それ相応のリスクを覚悟して歯を削る必要があるでしょう。ですが、実際にどのようなリスクがあるのかをご存知でない方も多いと思います。

 

今回の記事では「歯を自分で削る場合のリスク」について具体的にご紹介をしたいと思います。

 

歯が割れる可能性がある

例えば健康な歯の場合には問題がありませんが、歯の神経がなかったり、治療後の歯であった場合には歯が割れやすくなっている可能性があります。

 

もしそのような歯を自分自身で削ろうとした場合には、力の入れぐらいに失敗して歯が欠けたり、割れたりする可能性が高くなります。歯が割れた場合には100%自分自身で処理する事ができませんので、歯科医に行って余計にお金が掛かってしまう事だって考えられます。

 

虫歯になりやすくなる

歯の一番外側は、歯の成分で一番かたい物質であるエナメル質で覆われています。歯を削るという事はこのエナメル質を削るという事です。もしエナメル質を削りすぎた場合には、その下にある象牙質が歯の表面に現れる事になります。

 

実は象牙質はエナメル質よりも柔らかい物質でできている為に、虫歯になりやすいのです。つまり歯を削る事でその歯が虫歯になりやすくなるという事も考えられます。

 

知覚過敏になる可能性がある

先ほどご紹介したように歯の表面にはエナメル質があり歯を守ってくれています。ですがもしこのエナメル質が歯の表面になかったら、歯を守ってくれる外壁がなくなってしまった事と同じ状態になってしまいます。

 

つまり歯の表面のエナメル質が削れてなくなると、冷たい物が歯に染みたり、食べ物を食べただけでも歯に染みたりという状態になる可能性は十分にあります。

 

実際に歯が染みる知覚過敏は、歯周病や加齢などによって歯茎が下がってしまい、歯の根本のエナメル質がない部分が露出する事によって起こる場合がお多いのです。

 

本来の近く過敏は歯の根元で起こる事が多いですが、歯を削る事によってその部分でも知覚過敏が起こる可能性は確実に高くなっていまいます。


ホーム サイトマップ