大切な歯が抜けちゃうかも?歯のぐらつきの原因と対処法。

大切な歯が抜けちゃうかも?歯のぐらつきの原因と対処法。

大切な歯が抜けちゃうかも?歯のぐらつきの原因と対処法。

歯がぐらつく原因は?

◎歯周炎

歯がぐらつく場合の多くは歯周炎という事が多いのではないでしょうか。この歯周炎は歯肉炎が進行した状態の事で歯肉炎が進行した事で歯茎が極端に痩せてしまい、歯の根元が露出した状態の事を言います。

 

歯を守る目的を果たす歯茎が減ってしまった事で歯の土台の働きが弱くなり、歯の根本がグラグラしてしまう場合も多くあります。また酷い場合には歯が抜けてしまう事もありますので、このような症状の場合には注意が必要です。

 

◎歯槽膿漏

歯磨き粉などのCMなどでも良く耳にする言葉「歯槽膿漏」ですが、詳しくはどのような症状であるのか知らないという方は多いのではないでしょうか。

 

歯槽膿漏とは簡単に説明すると、その字の通りで「歯槽(歯がはまっている穴)」から「膿漏(膿が出る)」事を言います。具体的な症状としては歯茎から膿がでるのですが、酷くなると骨が溶けてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

つまり歯槽膿漏が酷くなると骨が溶けてしまう場合があり、この症状によって歯がぐらぐらとしてしまう事が考えられるのです。また歯槽膿漏の場合にはその膿によって口臭がひどくなる症状があるので、口臭が酷いという方は気をつけた方が良いでしょう。

 

◎歯の亜脱臼

私自身は経験がないので、何とも言えませんが、歯も脱臼する事があるようです。例えば何らかの理由で口に外傷を負ってしまった場合などに歯の根本が損傷してしまったけれど、歯自体ははずれてはいない状態の事です。

 

このような場合は、自分でも怖いぐらい歯がぐらぐらする時もありますが、適切な治療法によって歯は元の状態に繋がる可能性が高いようです。

 

歯がぐらつく時の対処法

自分自身で原因が分からないのに歯がぐらぐらする場合には、歯周病である可能性が高いので、早急に歯科医を受診するようにしましょう。

 

もし歯がグラグラするぐらい酷い状態でも適切な治療を行えば治る可能性があります。またこのような歯がグラグラするようになる原因には歯磨きの仕方や習慣が悪い場合がほとんどなので、それを改善する必要性も出てきます。

 

また外傷によって歯がグラグラしている場合でも、そのままにしておくのは考えものです。歯がグラグラする状態をそのままにしておくと歯の根本が治癒せずに、壊死してしまう可能性もあるので、早急に歯科医にかかる事をオススメします。


ホーム サイトマップ