歯の豆知識

歯の豆知識

例えば子供の場合には乳歯から永久歯へと歯が生え変わりますが、大人の場合にはそうもいきません。

 

大人の場合には、もしも永久歯が抜けてしまっては、当然の事ながら歯が後から生えてくる事はないのです。

 

現在では歯が抜けてしまった場合には「入れ歯」や「インプラント」などの歯の代用品がありますが、これらも万能ではありません。

 

このページでは一生大切にしなければならない「歯の豆知識」をご紹介しています。

歯の豆知識記事一覧

キャラクター好きの子供にも人気?歯磨きで変身するウルトラマンとは。

歯磨きで変身するウルトラマン通常のウルトラマンは色々なアイテムを使用して変身します。例えばウルトラマンは「ベータカプセル」を頭上に掲げる事によって変身します。またウルトラセブンは「ウルトラアイ」を目にかざす事で変身します。このように歴代ウルトラマンは色々な変身アイテムを使用する事でウルトラマンに変身...

≫続きを読む

 

恋人や家族の睡眠を妨害してませんか?歯ぎしりはなぜ起こる?その改善法とは?

歯ぎしりの原因ギリギリとうるさい「歯ぎしり」ですが歯ぎしりはなぜ起こるのでしょうか?結論となってしまいますが、はぎしりは眠りが浅い時に多く起こる事が知られています。眠りが浅くなってしまう原因は色々あるので、判断が難しい所ですが、例えば下記のような原因が考えられます。・昼間に昼寝をしている・睡眠時間が...

≫続きを読む

 

歯ぎしりはうつる?それとも、うつらない?

歯ぎしりはうつらないとは言い切れない歯ぎしりは色々な原因がありますが、大きな原因としては睡眠が浅い事が原因となっています。一部の方は「歯ぎしりはうつらない」と言い切っている方がいるのですが、実は100%うつらないとは言い切れません。なぜならば、歯ぎしりは睡眠が浅い事によって起こるので、歯ぎしりをする...

≫続きを読む

 

歯の痛みで自殺する人も!軽く考えべきでない歯が痛い時の対処法!

「虫歯ぐらい」と歯の痛みを我慢しすぎるのは考えものです。海外には虫歯の痛みに耐えられず自殺を選ぶ人までいるぐらい虫歯の痛みは怖いものです。このページでは、虫歯等で「歯が痛い」時の対処法についてをご紹介しています。歯医者に行く時間がある場合には直ぐに歯医者に行きましょう。私も仕事中に歯が痛くなってしま...

≫続きを読む

 

食事で歯の被せ物が取れた!そんな時の「対処法」と「取れやすい食材」

歯の被せ物が取れた時の対処法◎被せ物を取っておく歯の被せ物が採れてしまった場合には、その被せ物を大切に保管するようにしておきましょう。その被せ物が変形してしまったという場合でない限り、歯医者でまたその被せ物を付けてもらう事が可能です。保存方法としてはハンカチに包んでビニール袋に入れておくと良いでしょ...

≫続きを読む

 

歯が痩せると10歳年をとって見える?その原因と改善方法ってあるの?

歯は痩せるのか?実際の所は歯は人体の中で最も硬い素材でできています。また歯の一番外側はエナメル質でできており、私達の歯を守ってくれています。その為歯が実際に痩せてしまうという事はありません。歯が痩せたように見える原因は?ですが、明らかに見た目に歯が痩せたように見えるという場合はあるものです。特に年を...

≫続きを読む

 

歯と老化現象は関係があるのか?【歯と脳の老化など】

歯がないと老化現象が早く進む歯がないと老化が早く進むという事は良く言われている事です。私の身近でも歯が無くなった事によって痴呆になったというお話はよく聞きます。ではなぜ歯がなくなると老化が早く進むのでしょうか。それは歯が無くなる事によって脳への刺激が低下する為だと言われています。確かに咀嚼と脳の働き...

≫続きを読む

 

子供に絶対食べさせたくない!「歯に悪い食べ物」と「虫歯になりやすい食材」

柑橘類グレープフルーツやみかんなどの柑橘類などの食品を好きという方は多いと思います。ですが柑橘類のフルーツは食品の性質的に酸性が強い場合が多いので、食べ過ぎには注意です。例えばグレープフルーツを毎日2個づつ食べ続けた女性は歯が酸によってかなり侵食され酷い痛みが襲ったという事例が存在します。この事例は...

≫続きを読む

 

大切な歯が抜けちゃうかも?歯のぐらつきの原因と対処法。

歯がぐらつく原因は?◎歯周炎歯がぐらつく場合の多くは歯周炎という事が多いのではないでしょうか。この歯周炎は歯肉炎が進行した状態の事で歯肉炎が進行した事で歯茎が極端に痩せてしまい、歯の根元が露出した状態の事を言います。歯を守る目的を果たす歯茎が減ってしまった事で歯の土台の働きが弱くなり、歯の根本がグラ...

≫続きを読む

 

人の寿命は80年なのに、歯は60年!歯の寿命を伸ばす方法とは?

歯の寿命はおおよそ60年歯の寿命はおおよそ60年ぐらいだと言われれいます。ですが歯の寿命というのは、人それぞれによって大きく違ってきます。また歯の寿命というのは多くの人の歯の数を年齢別に算出した数字なので単なる数字であって、参考になるようで参考になりません。実際に50歳で歯の半分以上がなくなったとい...

≫続きを読む

 

歯が割れる、虫歯になりやすくなるなど、歯を自分で削るリスクとは?

例えば、歯医者が嫌いだけど、「歯をもっと白くしたいので表面を削りたい」「歯が下に当たるので、その部分を削りたい」という方は以外と多いと思います。ですが、歯を自分で削るとう行為にはそれ相応のリスクがあるので、もし自分自身で歯を削りたい場合には、それ相応のリスクを覚悟して歯を削る必要があるでしょう。です...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ