なぜブリアンは研磨剤を使用していない?研磨剤のメリットとデメリット!

なぜブリアンは研磨剤を使用していない?研磨剤のメリットとデメリット!

なぜブリアンは研磨剤を使用していない?研磨剤のメリットとデメリット!

ブリアンは子供が使う歯磨き粉だから研磨剤が含まれていません。その理由は研磨剤は子供の歯に悪い影響を与える可能性があるからです。

 

ですがブリアン歯磨き粉を購入する前に市販の歯磨き粉に含まれる研磨剤の事を知っておきたいという方も多いと思います。そこでこのページでは研磨剤のメリットとデメリット療法をご紹介しています。

 

研磨剤の必要性

皆さんもご存知だと思いますが、市販の歯磨き粉には研磨剤が入っています。この研磨剤の役割は主に歯の表面の食べ物の残りカスや汚れなどを削って歯を綺麗にする事にあります。

 

歯磨き粉に限らず、洗剤の中には研磨剤が入ったものが多くあります。例えばお風呂やトイレなどの汚れがこびりつきやすい部分に使用する洗剤には使われる傾向が高いと言えるでしょう。

 

研磨剤の危険性

研磨剤は汚れを落とす目的では非常に有効に働く一方で、洗う対象を傷つけてしまうというデメリットがあります。

 

例えば歯磨き粉の場合には、歯の表面の汚れや食べ物のカスだけでなく歯の表面まで削りとってしまう可能性が高くなるので、研磨剤が沢山入った歯磨き粉を使用する場合には、使用方法について気をつける必要があるでしょう。

 

例えば、歯磨きを15分ぐらいの長さで丁寧に行う人の場合には、研磨剤が沢山入った歯磨き粉を使用すると歯を傷つけてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

また、研磨剤入りの歯磨き粉を使用する時に気をつけるべき事の1つに子供が使用する場合が考えられます。ではなぜ子供が研磨剤入りの歯磨き粉を使用する場合に気をつける事が必要なのでしょうか?

 

それは子供の歯は大人の歯に比べて、まだ柔らかい場合が多い為です。また歯の表面のエナメル質も大人に比べると薄く柔らかいので、大人と同じ研磨剤入りの歯磨き粉を使用するのは避けた方が良いでしょう。

 

研磨剤と同じ働きをするもの

最近では歯磨き粉の危険性が指摘されている為に、歯磨き粉意外の物を使用して歯磨きをする人も増えつつあります。

 

例えば、重曹や塩などが分かりやすい例でしょう。重曹については最近では掃除などでも広く使用されている物質なので、歯磨きでも使用する人が増えているようです。

 

また重曹は研磨剤と同じような働きをするので、歯を綺麗にする効果は高いようです。ですが重曹は研磨する効果が高すぎる為に歯磨きで毎日使用するのは避けた方が良いようです。もし重曹を歯磨き粉の変わりに使用する場合には週に2日程というように、日にちをあけて歯磨きに使用するようにしましょう。


ホーム サイトマップ