歯磨き時の「うがいの回数」は何回が適正?ブリアンなら気にする必要もなし!

歯磨き時の「うがいの回数」は何回が適正?ブリアンなら気にする必要もなし!

歯磨き時の「うがいの回数」は何回が適正?ブリアンなら気にする必要もなし!

歯磨き粉を洗い流さないタイプのブリアン歯磨き粉であれば、うがいをする必要がありません。ですが市販の歯磨き粉の場合には化学成分が配合されている為にうがいが必要になります。

 

このページはお子さんを持つ親御さんが気になるであろう歯磨き後のうがいの回数についてご紹介しています。

 

歯磨き粉はしっかりと洗い流そう

歯磨き粉の中には、人体に悪い影響があると懸念されている成分も入っています。そのような化学成分が口の中に残る事は人の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

このような理由で歯磨き後にはしっかりとうがいをする事が重要になってきます。具体的には口の中から歯磨き粉の成分がなくなったと自覚できるまで、うがいをする事が良いでしょう。

 

うがいの強さが人により違うので一概には言えない

ここで気になるのが歯磨き後のうがいの適切な回数ですが、うがいの仕方はうがいの強さは人により様々です。うがいによる口の中の洗浄力が強い方もいますし、逆にうがいの力加減が小さい人もいるでしょう。

 

このような点を考慮すると、歯磨き後のうがいの適正回数は○○回と具体的に表現するのは難しいという事が分かります。

 

フッ素入り歯磨き粉について

うがいの回数が「1回」で良いという血迷った事を言っている方もいますが、あまり間に受けない方が良いでしょう。

 

そもそもフッ素は安全だと言わてれいますが、その反対に「フッ素が危険である」という意見は現在になっても一向に無くなる様子はありません。

 

また実際にフッ素入りの歯磨き粉を使用して人で実験する訳にはいかないので、どこまで言ってもこの結論は出ないでしょう。

 

私の個人的な意見ですが、フッ素は安全か危険か、その結論が完全に出ている訳ではないので、フッ素入りの歯磨き粉を使用してフッ素をできるだけ口に残すようなうがい方法はリスクが高いと考えます。

 

また、先ほどご紹介したように歯磨き粉の中には危険性が指摘されている成分も入っているので、フッ素がもし安全であったとしても、歯磨き粉が口の中に残るようなうがい方法は長い目で見て健康を害する危険性があるでしょう。


ホーム サイトマップ