歯肉炎は酷くなると歯が抜ける事も。ブリアン歯磨き粉で歯周病を予防しよう!

歯肉炎は酷くなると歯が抜ける事も。ブリアン歯磨き粉で歯周病を予防しよう!

歯肉炎は酷くなると歯が抜ける事も。ブリアン歯磨き粉で歯周病を予防しよう!

歯肉炎とは

歯肉炎とは口の中の細菌が悪さをする事によって、歯茎が腫れたり出血する現象です。その症状として歯磨きをしただけで出血をする。また昔のテレビCMで見られたようにリンゴをかじっただけでも歯茎から血が沢山出るような状態の事を言います。

 

ではなぜ歯肉炎になってしまうのでしょうか?それは歯と歯茎の間に歯垢(食べ物の残りカス)が貯まる事によってそこで細菌が大繁殖する事によって歯茎が炎症してしまうのです。

 

歯石に注意

また先ほどご紹介した歯垢はそのままの状態で長期間ほうっておくと、やがて歯石になってしまいます。この歯石が増えてゆくと、歯石が細菌の温床になってしまいます。

 

また歯石は歯磨きでは取り除く事ができないので、歯石が細菌の前線基地となってゆきさらに細菌の量が増えてゆく事になります。また歯石の回りには歯垢がつきやすい状態になるので、歯石はドンドン成長していく傾向にあります。

 

進行すると歯周炎となる

歯肉炎が怖いのは歯肉炎が進行すると歯周炎に発展する事になるからです。歯肉炎は一見歯茎が腫れて血が出るだけなのであまり気にならないという人が多い場合もありますが、歯周病になるとそうはいきません。

 

歯周炎になると歯の下の骨まで露出するので、見た目にも普通の状態ではなくなります。人によっては目を背けたくなるような状態になってしまうのです。

 

また歯の下の骨が露出する事によって、歯の下の骨が虫歯菌によって溶かされる結果になってしまいます。この症状が進行すると結果的に歯が抜けてしまう結果になってしまいます。

 

歯肉炎を予防するには

ではこの歯肉炎を予防する為にはどうすれば良いのでしょうか?それは食後の歯磨きを徹底する事で歯肉炎を改善する事が可能です。

 

ただし歯肉炎になった状態ですと歯磨きをしただけで歯茎から出血する恐れがあるので、毛先が細い歯磨きや、毛が柔らかいタイプの歯ブラシを使用して丁寧にブラッシングする事を心がけましょう。

 

また柔らかめの歯ブラシでも歯磨きがつらいという場合には、まず歯医者さんへ言って、歯肉炎の治療をしてもらいましょう。歯医者さんに治療をしてもらえば、歯肉炎の予防方法を細かくアドバイスしてもらえるので、安心です。

 

口腔内の悪玉菌を減らす歯磨き粉の使用も効果あり

ブリアン歯磨き粉は口の中の悪玉菌(歯周病菌)を減らしてくれる効果がある「BLIS M18乳酸菌」を配合した歯磨き粉です。

 

ブリアン歯磨き粉の効果については、トップページで詳しくご紹介していますので、そちらをご覧下さい。


ホーム サイトマップ