ブリアンなら歯がしみない?歯磨きでしみる原因と対策について!

ブリアンなら歯がしみない?歯磨きでしみる原因と対策について!

ブリアンなら歯がしみない?歯磨きでしみる原因と対策について!

市販の歯磨き粉には、界面活性剤はミント成分など、歯の神経を刺激するような化学成分が複数含まれています。

 

それに対してブリアン歯磨きは無添加の歯磨き粉なので、市販の歯磨き粉に比べて歯がしみるような成分は含まれていないと言えるでしょう。

 

しかしながら、歯がしみる時には「知覚過敏」や「歯周病」などの原因がある場合が多いので、歯がしみる原因や対処法を合わせて行う必要があります。このページでは歯がしみる原因と対策についてをご紹介しています。

 

歯がしみるのは「知覚過敏」の可能性がある

歯がしみる原因の1つには「知覚過敏」が挙げられます。ちなみに「知覚過敏」とは何らかの原因で歯のエナメル質に傷ができたり、エナメル質が薄くなったりして、歯の神経に直接冷たい水などの刺激がダイレクトに伝わり歯がしみたりする事です。

 

日本人は3人に一人が経験した事があるほどポピュラーな歯の症状だと言われています。それだけに「知覚過敏」の対処法は色々ありますので、自分に合う「知覚過敏」の対処法を探してみる事が良いでしょう。

 

「知覚過敏」を治す方法

「知覚過敏」と一言で言っても、その症状や原因はさまざまです。まず知覚過敏になっている原因を歯科医で診断してもらう事が重要です。

 

自分自身で知覚過敏の原因について考える事も重要ですが、間違った解釈をして治療が遅れてしまう場合も考えられるので、まずは早めに歯科医を受診する事をオススメします。

 

「歯周病」が原因かも

歯磨きの際にしみるのは「知覚過敏」だけが原因ではありません。例えば「歯周病」が原因でも歯磨きでしみる場合があるので注意が必要です。

 

ちなみに「歯周病」とは「歯肉炎」や「歯周炎」と言った歯茎に関連する病気の少々となっています。

 

「歯肉炎」では歯茎と歯の隙間に歯垢や歯石がたまる事によって歯茎が腫れたり、出血したりという症状が起きる場合が多いです。このような症状の場合でも歯磨き時に歯がしみる場合があります。

 

またこの「歯肉炎」が進行すると「歯周炎」になりますが、「歯周炎」になると歯茎から歯の根本の歯根がむき出しになる場合が多くあります。この時むき出しになった歯根の部分が歯磨きでしみるという場合も多いでしょう。

 

「歯周病」を治す方法

昔は「歯周病」は不治の病と言われていたぐらい難しい病気の1つでした。ですが最近では歯科の技術が発達して十分治療する事ができる病気になっています。

 

また「歯肉炎」なとは「歯周病」の中でも初期の症状なので、治すのもそこまで難しくありません。ですが「歯周炎」になると比較的進行した症状なんで、完治までに長い時間が掛ることを覚悟しておいた方が良いかもしれません。

 

どちらにしても、まずは歯科医にて歯周病の原因や治療法などの対策をしっかりとする必要があるでしょう。


ホーム サイトマップ