ブリアンの効果と併用したい、驚きの虫歯の自然治癒についてのお話

ブリアンの効果と併用したい、驚きの虫歯の自然治癒についてのお話

ブリアンの効果と併用したい、驚きの虫歯の自然治癒についてのお話

虫歯は自然治癒する事はあるのか

例えば歯が痛くても歯医者に行きたくないと思ってしまう方は多いと思います。私自身もそんな風に思ってなかなか歯医者に行かなかったという経験は何度もあります。

 

ですが結果的には虫歯がもっとひどくなって歯医者に早く行かなかった事を後悔する事になるのです。このような経験があると「虫歯が自然に治ったらどんなに良い事か」と考えてしまうものです。

 

ですが、実際には初期の虫歯に限っては自分自身で虫歯を治療する事が可能になるかもしれません。というのも、もともと人間の体には再石灰化という初期の虫歯なら治してしまえる体の仕組みが備わっているからです。

 

この再石灰化とは唾液に備わっている機能です。人間の歯は凄く大まかに言うと象牙質という素材の回りにエナメル質という凄く硬い素材で覆われている仕組みになっています。このエナメル質が段々溶けてしまう事が虫歯なのですが、エナメル質が少し溶けた状態ならば、この唾液による再石灰化による効果で元に戻ってしまう事が分かっています。

 

つまり初期の虫歯ならば、唾液の再石灰化の効果で虫歯が治ってしまうのです。

 

虫歯の自然治癒力を高めるには

◎食後の歯磨き

では先ほどご紹介したように虫歯を修復する働きの「再石灰化」の働きを十二分活用して虫歯を治すにはどうすれば良いのでしょうか。

 

それは食後にできるだけ早く歯磨きをする事が重要です。食後に食べ物の残りカスが残っていると、虫歯菌の働きによって歯が溶かされてしまいます。

 

この虫歯菌による歯を溶かす働きを抑える為にも、食後に歯磨きをして食べ物の残りカスである歯垢をしっかりと除去する事が重要になってくるのです。

 

つまり虫歯菌により溶かされるエナメル質が少なければ少ないほど、再石灰化の効果でエナメル質を治療する効果が高くなります。

 

◎長時間の食事を避ける

先ほどご紹介したように、口の中に食材がある状態では虫歯菌の働きが活発になり、唾液による虫歯予防効果でもある再石灰化がうまく働かない状況に陥ります。

 

このような事態を避ける為にも、食事する時間はしっかりと決めておいて、食事後は直ぐに歯磨きをする事が重要になってきます。

 

◎虫歯菌を減らす

先ほどご紹介した再石灰化ですが、例えば虫歯菌が多い場合には有効に作用してくれない場合も考えられます。実際に口の中の虫歯菌の数というのは虫歯菌の数によって変わってきます。

 

もしこの虫歯菌の数をうまくコントロールする術があったなら、虫歯菌を減らす事で虫歯を予防するという事も可能になってきます。では実際にはどのようにして虫歯菌をコントロールすれば良いのでしょうか?それは虫歯菌を減らす事ができるように口の中の善玉菌を増やしてあげる事が重要です。

 

実際に口内善玉菌を増やす為には、この口内善玉菌を含んだ歯磨き粉を使用する事でも、善玉菌を増やして結果虫歯菌を減らす事ができるようになります。

 

その歯磨き粉については、このホームページのトップでご紹介していますので、参考にしてみて下さい。


ホーム サイトマップ