ブリアンなら口内炎も大丈夫?知らなかった歯磨き粉と口内炎の関係とは?

ブリアンなら口内炎も大丈夫?知らなかった歯磨き粉と口内炎の関係とは?

ブリアンなら口内炎も大丈夫?知らなかった歯磨き粉と口内炎の関係とは?

歯磨きと口内炎の関係

まず口内炎がなぜできるかを皆さんはご存知でしょうか?口内炎ができる原因の1つには体の免疫機能の低下や疲れが溜まった時などが考えられます。私自身も生活が不規則であったり、仕事が忙しく睡眠時間が短い時などには口内炎ができやすくなります。

 

また体の疲れとは別に精神的な疲れ、つまりストレス度の高い生活をしていると、この場合にも免疫機能が低下し体の粘膜細胞が傷つくので口内炎になる可能性が高くなります。

 

さらに、口内炎ができる原因として挙げられるのは、口内環境の悪化が考えられます。つまり何日も歯磨きをしていなかったり、歯磨きが十分でなかった場合には口の中の悪玉菌が増えてしまい、その影響で口内炎ができる可能性もあるのです。

 

つまり歯磨きをしっかりとする事で口内環境の悪化による原因の口内炎を予防する事ができるのです。

 

ですが市販の歯磨き粉に含まれている「合成界面活性剤」は口の中の細胞を傷つける恐れがあるので、逆に口内炎が増える可能性があるので気をつけましょう。

 

逆にブリアン歯磨き粉の場合には、無添加の歯磨き粉なので、口内炎になるリスクを限りなく下げる事が可能です。

 

歯磨き時に口内炎がしみる時の対処法

◎歯磨き粉を使用しない

口内炎ができた際に嫌になるのが、食後の歯磨きです。口内炎ができると食事の際も口内炎が痛みますが食後の歯磨きは歯磨き粉が口内炎にしみて地獄のような痛みが走ります。

 

ですが、口内炎が痛いからと言って歯磨きをしないという訳にはいきません。このような時には歯磨き粉を使用せずに歯磨きをする事をオススメします。

 

確かに歯磨き粉には一定の除菌作用がある事が知られていますが、歯磨き粉がなくても通常のブラッシングと唾液の作用だけでも口の中の殺菌作用は十分に期待できるのです。

 

◎歯磨き粉の使用量を減らす

それでも、毎日歯磨き粉を使用して歯磨きをしている方の中には歯磨き粉を使用しないと歯磨きをした気にならないという方も多いと思います。

 

そのような場合には歯磨き粉の使用量を、通常よりもかなり減らした状態で歯磨きをする事をオススメします。また元々歯磨き粉の使用量は小豆大の量が適正だとされていますので、普段から歯磨き粉はそれほど使用する必要はないと言えます。

 

◎子供用の歯磨きを使用する

大人用の歯磨き粉は爽快感やスッキリ感を重視してミントなどの刺激成分が含まれている場合がほとんどです。この刺激成分が口内炎に刺激を与えて痛みを強くしているという側面も否定できません。

 

その点を考えると、もし家族の中のお子さんがおられる場合には、子供用の歯磨き粉を使用するのも1つの方法です。子供用の歯磨き粉は刺激の強いミント成分が入っていない場合が多いので、口内炎対策には使える場合が多いでしょう。

 

◎うがいだけにに留める

歯磨きに比べると口の中の洗浄効果や殺菌効果は低くなりますが、うがいだけでも一定の洗浄効果は期待できます。口内炎が痛いのに無理をして歯磨きをして痛い思いをするのは精神衛生上、良い事とは言えません。

 

そんな時には、つまようじ等で歯間の歯垢を除去した後にしっかりとうがいをするという方法も効果的な口内洗浄方法だと言えるでしょう。


ホーム サイトマップ