ブリアンが選ばれる理由は「虫歯予防、安全性、味、コストパフォーマンス」だった

ブリアンが選ばれる理由は「虫歯予防、安全性、味、コストパフォーマンス」だった

ブリアンが選ばれる理由は「虫歯予防、安全性、味、コストパフォーマンス」だった

味で選ばれている

大人の場合には歯磨き粉を味で選ぶという方は非常に少ないと思います。ですが子供の場合に限っては歯磨き粉の味は非常に重要な要素となってきます。

 

例えば、極端な例ですが子供の意見を無視して大人と同じ歯磨き粉を子供に使用させたとしましょう。ですがこの歯磨き粉を嫌がって子供が歯磨きを毛嫌いするようになったのでは、本体の歯磨き粉を使用する意味がなくなってしまいます。

 

本来歯磨き粉は歯磨きの効果を、できるだけ上げる為に開発された商品です。ですが子供が歯磨き粉を毛嫌いして歯磨きをしないという事になると、まさに本末転倒の状態になってしまいます。

 

そう考えると、子供用の歯磨き粉に関しては子供の好きな味がついた歯磨き粉を購入し子供に使わせた方が歯磨き粉の本来の効果が発揮されるのではないでしょうか。

 

そこでブリアンは子供が一番好きな歯磨き粉の味である「イチゴ味」を採用しています。

 

値段より安全性で選ばれている

歯磨き粉は毎日使用するものなので、歯磨き粉の減りは早いと考えても良いでしょう。また歯磨き粉は歯を磨く時に使用するというシンプルなものなので、その目的を達成できればどのような歯磨き粉でも構わないという方がいたとしても当然です。

 

また歯磨き粉は安いからと言って洗浄力が悪いという事は、ほとんどありません。そう考えると、歯磨き粉はできるだけ安いものを選ぶという判断をしたとしても別段問題はありません。その分他の事にお金を活用するというのも良い事でしょう。

 

ですが、虫歯になって歯科医に使用する治療費や手間を考えて、多少高くてもブリアン歯磨き粉を使った方が結果的に安くつくと考えている人がいるのも事実です。

 

安全性で選ばれている

先ほどご紹介したように、できるだけ安いという規準で歯磨き粉を選ぶ事も良いですが、安全性で選ぶという人もいる事でしょう。

 

そのような場合には、歯磨き粉に含まれる危険な成分が入っていない商品を選ぶ事になると思います。例えば歯磨き粉に含まれる成分で一番よく話題になる成分は「合成界面活性剤(サッカリンナトリウム)」でしょう。

 

この「合成界面活性剤」は人間の口の中の細胞を傷つけると言われています。歯磨き粉の成分表では「サッカリンナトリウム」と表記されている場合が多いので、この成分が入った歯磨き粉は使用しないようにしましょう。

 

また、完全に無添加の歯磨き粉が欲しいという方の場合には、粉状の歯磨き粉を使用する事をオススメします。

 

なぜならば一般の練り歯磨き粉の場合には、水分が多く含まれている関係で腐るのを防止する成分など色々な化学物質が入る事になるからです。例えば粉状の歯磨き粉に比べると「防腐剤、酸化防止剤、粘着剤、凝固剤」などの成分が入る事が一般的です。

 

特に子供の場合は「できるだけ安全な歯磨き粉を使用させたい」という親御さんが多いので、このような考えをお持ちの方にはブリアンのような粉状の歯磨き粉をオススメします。

 

虫歯予防効果で選ばれている

虫歯予防成分と言えば「フッ素」が有名ですが「フッ素」については今だに、その安全性が疑われています。もちろん一般的には安全であると言われてはいますが100%安全とは言えないというのが現在の状況です。

 

一方最近では世界初の虫歯予防成分と呼ばれる「BLISM18」と呼ばれる口内善玉菌が配合された歯磨き粉が話題になっています。

 

現在は、虫歯予防成分「BLISM18」配合の歯磨き粉は子供用しか発売されていませんが、近日大人用の歯磨き粉も発売予定なので、虫歯予防の歯磨き粉を探している大人用の人には待ち遠しいのではないでしょうか。

 

ちなみに虫歯予防成分「BLISM18」配合の歯磨き粉については、トップページにてご紹介しています。


ホーム サイトマップ