ぶっちゃけ面倒!?使った人だけ知っているブリアン歯磨き粉のデメリット!

ぶっちゃけ面倒!?使った人だけ知っているブリアン歯磨き粉のデメリット!

ぶっちゃけ面倒!?使った人だけ知っているブリアン歯磨き粉のデメリット!

購入金額が高い

ブリアン歯磨き粉の一番のデメリットはその金額の高さでしょうか。子供用ブリアンの値段は1回使用換算で計算すると1回50円ぐらいとなります。

 

ですが、このような声がある反面「虫歯の治療費と比べると安い」と感じる人も多いようなので、人それぞれ高いと感じるか安いと感じるかは違っているようです。

 

粉状なので使いづらい

ブリアン歯磨き粉は一般の歯磨き粉と違い粒状という特長があります。

 

ところで一般的に市販されている歯磨き粉は粘り気のあるペースト状で使いやすいですが、これもメリットばかりではありません。なぜならば、ペースト状にする為に粘着剤と呼ばれる化学物質が必要になります。

 

また歯磨き粉をペースト状にする為には水分を多く含んでいなければならない為に、さらに保存料が必要になってきます。歯磨き粉を使いやすくする為に色々な化学物質が添加されてしまっていると言う事です。

 

最近歯磨き粉に含まれる成分の危険性が指摘されていますが、これは使いやすさを追求しすぎた結果と言えるかもしれません。

 

そう考えるとブリアン歯磨き粉が粒状な事で余計な添加物を使用する必要がなくなっているのです。つまり安全性を考えた時には、粒状である事が逆に長所だと言えるのかもしれません。

 

ずっと使いつづける必要がある

ブリアン歯磨き粉を使いはじめると、虫歯予防の効果があるだけにいつやめれば良いのかという事が気になり始めます。

 

実際の所、ブリアン歯磨き粉と一般の歯磨き粉は含まれている成分の関係で相性が良いとは言えません。なぜならばブリアンに含まれている「BLIS M18」は善玉菌なので、一般的に市販されている歯磨き粉の化学成分に弱いからです。

 

もしお子さんに子供用歯磨き粉ブリアンを使用されている場合には、ある程度大きくなった際に本人にブリアン歯磨き粉をずっと使い続けるのかを選択させるというのも1つの方法かもしれません。

 

ちなみにブリアンには子供用歯磨き粉とは別に大人用の歯磨き粉もあるので、そちらの使用に変更すると言う方法もあります。


ホーム サイトマップ