歯磨き粉で味覚障害になる?ブリアンなら、そんな危険がありません。

歯磨き粉で味覚障害になる?ブリアンなら、そんな危険がありません。

歯磨き粉で味覚障害になる?ブリアンなら、そんな危険がありません。

市販の歯磨き粉には味覚障害を招く恐れのある「合成界面活性剤」が含まれていますが、ブリアン歯磨き粉は含まれていません。またブリアンは無添加の歯磨き粉なので、他の化学成分の影響を受ける事がありません。

 

このページでは、そんな「歯磨き粉による味覚障害」の危険性をご紹介しています。

 

歯磨き粉で味覚障害になる可能性はゼロではない

歯磨き粉には様々な化学成分が含まれています。その中でも味覚障害に関連する成分と言えば「合成界面活性剤」です。この「合成界面活性剤」は歯磨き時の洗浄力を発揮する為の成分です。

 

具体的には油汚れを強力に洗浄してくれる成分と言えば分かりやすいかもしれません。私達の食事の中には油が多く含まれています。

 

例えばお肉に含まれている脂(あぶら)もそうですし、食材を痛める際には油で炒めます。また、天ぷらや唐揚げなどの料理を食べる事も多く、油(脂)を多く含んだ料理は非常に美味しく感じる場合が多いのも事実です。

 

このような油成分は歯の表面に吸着すると、なかなか取れにくいという事情もあり、市販されている歯磨き粉にの多くの商品に「合成界面活性剤」が含まれています。

 

ですがこの「合成界面活性剤」は、私達の味覚を破壊する恐れがある事が分かってきます。私達が味覚を感じるのは舌の表面の細胞「味蕾細胞」の働きによるものです。

 

ですが歯磨き粉に含まれる「合成界面活性剤」は、この「味蕾細胞」を破壊する事がある研究によって分かりました。

 

つまり「合成界面活性剤」入りの歯磨き粉を長期的に使用する事によって味覚障害が発生する確率もゼロではないという事ができるでしょう。

 

歯磨き粉による味覚障害を回避する為に

では歯磨き粉による味覚障害を防ぐ事はできないのでしょうか。それは個人個人で気をつける事によって味覚障害のリスクを限りなくゼロにする事は可能です。

 

歯磨き粉に含まれる「合成界面活性剤」は多くの場合、サッカリンナトリウムと表記されています。この「サッカリンナトリウム(合成界面活性剤)」を使用されていない歯磨き粉を使用する事が重要です。

 

また「サッカリンナトリウム(合成界面活性剤)」の成分が入っている場合でも、1回に使用する歯磨き粉の量を減らす事で「味蕾細胞」が破壊されるリスクを少しでも減らす事は可能でしょう。

 

幼児期の歯磨き粉には特に気をつけよう

人間の味覚は5才までに完成されてしまうと言われています。つまり5才までに体験した味が、その人の味覚を一生決めてしまうと言われています。

 

このような理由から5才までは、歯磨き粉には特に気をつける必要があると言えます。例えば「合成界面活性剤」入りの歯磨き粉は使わない方が望ましい言えますし、できれば無添加の歯磨き粉を使用する事が重要です。

 

また子供の体は幼児期から成人するまでは、未発達の段階ですので歯磨き粉に限らず口に入れる物は全てにおいて気をつける事が重要でしょう。

 

幼児期の食事にも気をつける事が重要

先ほどご紹介しましたが「人間の味覚は5才までに完成されてしまう」という事から、5才まではお菓子を食べる事をできるだけ控えた方が良いでしょう。

 

また、もしお菓子を食べさせる場合には無添加のお菓子を食べさせる事が重要です。なぜならば市販のお菓子には刺激の強い合成甘味料や合成旨味成分が多く含まれているからです。

 

私達が普段このようなお菓子を食べて美味しいと感じるのは、このような合成甘味料や合成旨味成分が入っているからです。ですが幼児期の子供がこのような単純な旨味成分に慣れてしまうと、自然界にある「甘味、苦味、酸味、渋み、旨味」やこれらが混ぜ合わさった複雑な味を正確に感じる事ができなくなってしまいます。

 

つまり5才までは、お菓子を食べるのはできるだけ避けて、色々な食べ物をバランスよく食べさせる事が重要なのです。


ホーム サイトマップ