安全な歯磨き粉とはどんな商品?色々探したらブリアンが良いらしい!

安全な歯磨き粉とはどんな商品?色々探したらブリアンが良いらしい!

安全な歯磨き粉とはどんな商品?色々探したらブリアンが良いらしい!

無添加の歯磨き粉

歯磨き粉には、本来必要な成分から、不必要な成分まで様々な化学成分が含まれています。この歯磨き粉に含まれている成分は歯磨き粉を発売しているメーカーはもちろん、購入者側も安全であるという前提でいる事がほとんどです。

 

確かに現在、歯磨き粉に採用されていいる化学成分は安全だとされているものを使用しています。しかしこれは今現在そう思われている成分であるという事です。

 

食品の話になりますが、昔はバターよりもマーガリンやショートニングが健康的だと言われてもてはやされた時代がありました。ですが現在ではマーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸が危険視されています。

 

実際にアメリカではトランス脂肪酸が多く含まれる食品は発売禁止の方向へ向かっています。つまり特定の化学物質を例いしても時代によってその安全性や危険性は180度変わってしまうものなのです。

 

そう考えると化学物質が使用されていない無添加の歯磨き粉を使用する事が一番安全である事は間違いがないと言えるでしょう。

 

合成界面活性剤の入っていないもの

歯磨き粉の一部には界面活性剤が入っている事をご存知でしょうか?この界面活性剤は油汚れを洗浄する為には非常に効果的な成分です。

 

実際問題、私達が普段食べる食品の中には油成分が沢山ふくまれています。また油や油脂が多い食品は特に美味しく感じるものが多いので、美味しい物を沢山食べた後には歯の表面にも油汚れが少なからず付着してしまうものです。

 

このような歯に付着した油汚れを効果的に洗浄する為に歯磨き粉の中には「合成界面活性剤」が含まれている場合があるのです。しかしながら「合成界面活性剤」には口の中の細胞を傷つける性質がある事が最近分かってきました。

 

つまり合成界面活性剤の入った歯磨き粉はできるだけ使わない方が安全であるという事です。ちなみに歯磨き粉に含まれる「合成界面活性剤」は「ラウリル硫酸ナトリウム」等の名前で表記されている場合が多いようです。

 

粉状の歯磨き粉

通常歯磨き粉は練り歯磨きタイプのものが多いですが、練り歯磨きタイプの歯磨き粉には防腐剤が入っている場合がほとんどです。なぜならば練り歯磨き状にするには大量の水分を含んでいる必要があるからです。

 

皆さんもご存知のように水を沢山含む食材は腐りやすい性質を持っています。これは歯磨き粉の場合でも同じです。その為に練り歯磨き粉タイプの歯磨き粉には、歯磨き粉が腐らない為の防腐剤が含まれているのです。

 

研磨剤の入っていない歯磨き粉

歯磨き粉の中には研磨剤が多く含まれている商品が沢山あります。それは研磨剤を使用する事で歯の表面が削れて歯が白くる効果があるからです。

 

ですが、歯の表面には歯を守る為のエナメル質で覆われています。このエナメル質が削れてしまうとエナメル質の下にある象牙質がむき出しになってしまいます。

 

実はこの象牙質はエナメル質よりも柔らかい物質でできているので、エナメル質よりも虫歯になりやすいと言えるんのです。つまり研磨剤入りの歯磨き粉を使用するとエナメル質を削りすぎて虫歯になりやすくなる可能性もあるのです。

 

ブリアンは無添加で粉状なので安心の歯磨き粉

子供用と大人用の両方の歯磨き粉が存在するブリアンは無添加の歯磨き粉です。その為「合成界面活性剤」や「研磨剤」は一切使用されていません。また保存料を必要としない粉タイプの歯磨き粉なので、安全な歯磨き粉という面で人気の歯磨き粉です。


ホーム サイトマップ